2021年 春期 情報処理安全確保支援士 午前II 問20

IPv4ネットワークにおけるIPアドレス127.0.0.1に関する記述として、適切なものはどれか。

 ア  DHCPが使用できないときに自動生成されるIPアドレスとして使用される。
 イ  全ホストに対するブロードキャストアドレスとして使用される。
 ウ  単一のコンピュータ上で動作するプログラム同士が通信する際に使用される。
 エ  デフォルトゲートウェイのアドレスとして使用される。


答え ウ


解説

 ア  DHCPが使用できないときに自動生成されるIPアドレスとして使用されるIPアドレスは169.254.0.0〜169.254.255.255(リンクローカルアドレス)です。(×)
 イ  全ホストに対するブロードキャストアドレスとして使用されるIPアドレスは255.255.255.255です。(×)
 ウ  単一のコンピュータ上で動作するプログラム同士が通信する際に使用されるIPアドレスは127.0.0.1です。(〇)
 エ  デフォルトゲートウェイのアドレスとして使用されるIPアドレスは192.168.0.1又は192.168.1.1です。(×)


キーワード
・ローカルループバックアドレス

キーワードの解説
  • ローカルループバックアドレス(local loopback address)
    ネットワークカードなどのループバックインターフェイスに割り当てられた自分自身を示すIPアドレスのことです。
    ネットワーク上において自分自身を表す仮想的なアドレスであり、IPv4においては「127.0.0.1」、IPv6においては「::1」(0:0:0:0:0:0:0:1)が使われ、ホスト名としては通常「localhost」が用いられます。

もっと、「ローカルループバックアドレス」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ