2021年 春期 ITサービスマネージャ 午前II 問6

図は、あるプロジェクトにおける、旧システムから新イステムへの切替え移行作業の流れ図である。 次の条件で作業を遂行する場合、移行開始から移行終了までの所要時間は最短で何時間が。

[条件]

  • 作業者は3人とし、一つの作業は1人が担当する。
  • 並行して実施できる作業は同時に進める。
  • 各作業者は、作業と作業の間の最低1回、連続1時間以上の休憩を取る。

 ア  65  イ  70  ウ  75  エ  85


答え ウ


解説
図の水平な平行線の箇所は並列した処理の同期をとる箇所であるので、作業者をA、B、Cとして以下のような順で作業を行う

  • A
    [旧システム]オンライン停止(0.5時間)→[旧システム]利用者IDデータ抽出(1.5時間)→(休憩、1時間)→[新システム]利用者IDデータ登録(4.0時間)→[新システム]動作確認@(0.5時間)
    計 7.5時間
  • B
    (A作業待ち、0.5時間)→[旧システム]マスタデータ抽出(1.5時間)→(C作業待ち、休憩、1時間)→[新システム]マスタデータ登録(3.5時間)
    計 6.5時間
  • C
    (A作業待ち、0.5時間)→[旧システム]取引データ抽出(2.5時間)→[新システム]取引データ登録(3.0時間)→(B作業待ち、休憩、1時間)→[新システム]動作確認A(0.5時間)
    計 7.5時間
と、最長なのはAとCであり、全体の作業はこの7.5時間(ウ)になる。


キーワード
・並列処理の同期

キーワードの解説
  • 並列処理の同期
    複数の処理が、処理される順番に関係なく実行されるものを並列処理といいます。
    1つの処理が複数の並列処理に分岐し、分岐した各処理がすべて終わってから次の処理を開始する場合、分岐した処理で先に終了した処理が他の処理を待つことを同期といいます。

もっと、「並列処理」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ