2021年 春期 ITサービスマネージャ 午前II 問20

PMBOKガイド第6版における、脅威に対するリスク対応戦略として用いられる“転嫁”の説明はどれか。

 ア  脅威のオーナシップを第三者に移す。
 イ  脅威の存在を認めるが、いかなる積極的な行動もとらず、リスクが発生した時点で対処する。
 ウ  脅威を除去するか、脅威の影響からプロジェクトを保護する。
 エ  発生確率や脅威の影響度を軽減させるための処置を講じる。


答え ア


解説

 ア  脅威のオーナシップを第三者に移すのは、転嫁です。(〇)
 イ  脅威の存在を認めるが、いかなる積極的な行動もとらず、リスクが発生した時点で対処するのは、保有です。(×)
 ウ  脅威を除去するか、脅威の影響からプロジェクトを保護するのは、回避です。(×)
 エ  発生確率や脅威の影響度を軽減させるための処置を講じるのは、低減です。(×)


キーワード
・リスクマネジメント

キーワードの解説
  • リスクマネジメント(risk management)
    発生(顕在化)する恐れのあるリスク(不確実性)を把握、特定し、そのリスクの発生頻度と影響度から評価を行い、対策を講じることです。
    リスクには良いほうに影響する場合のプラスのリスクと、悪いほうに影響するマイナスのリスクがあり、それぞれの対策には
    • プラスのリスク
      • 活用:リスクが顕在化しやすいようにします。
      • 共有:同じリスクを他の場合でも保有するようにします。
      • 強化:リスクが顕在化したときの影響が大きくなるようにします。
      • 保有(受容):何もせず、発生したリスクを受け入れる。
    • マイナスのリスク
      • 移転(転嫁):リスクが発生した場合の責任所在を他者に移す。
      • 回避:リスクのある事業から撤退する。
      • 低減:リスクが発生しても被害が少なくなるような対策を取る。
      • 保有(受容):何もせず、発生したリスクを受け入れる。
    があります。

もっと、「リスクマネジメント」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ