2021年 春期 ITストラテジスト 午前II 問14

技術経営における課題のうち、“死の谷”を説明として、適切なものはどれか。

 ア  コモディティ化が進んでいる分野で製品を開発しても、他社との差別化ができず、価格競争に陥り、利益の獲得が難しいこと
 イ  製品が市場に浸透していく過程において、実用性を重んじる顧客が受け入れず、より大きな市場を形成できないこと
 ウ  先進的な製品開発に成功しても、事業化するためには更なる困難が立ちはだかっていること
 エ  プロジェクトのマネジメントが適切に行われないために、プロジェクトの現場に生じた過大な負担がメンバを過酷な状態に追い込み、失敗に向かってしまうこと


答え ウ


解説

 ア  コモディティ化が進んでいる分野で製品を開発しても、他社との差別化ができず、価格競争に陥り、利益の獲得が難しいのは、“魔の川”です。
 イ  製品が市場に浸透していく過程において、実用性を重んじる顧客が受け入れず、より大きな市場を形成できないのは、“ダーウィンの海”です。
 ウ  先進的な製品開発に成功しても、事業化するためには更なる困難が立ちはだかっているのは、“死の谷”です。
 エ  プロジェクトのマネジメントが適切に行われないために、プロジェクトの現場に生じた過大な負担がメンバを過酷な状態に追い込み、失敗に向かってしまうのは、“死の行進”(デスマーチ)です。


キーワード
・死の谷

キーワードの解説
  • 死の谷(valley of death)
    研究開発が、次の段階(製品化)に発展しない状況やその難関・障壁となっている事柄全般のことです。
    主に「技術開発が資金調達の問題から実用化に至らない状態」を指すときに使われていましたが、最近では資金的なリソース以外の様々なリソースの不足や法律、制度等によって、研究開発の結果が製品化に活用できない状態のことを言います。

もっと、「死の谷」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ