平成24年 秋期 ネットワークスペシャリスト 午前II 問25

組込みソフトウェアなどの設計にも有効な技法であって、システムをプラットフォームに依存する部分と依存しない部分とに分けてモデル化することを特徴とする技法はどれか。

 ア  CSM  イ  MDA  ウ  OMT  エ  UML


答え イ


解説

 ア  CSMというIT関連の用語はありません。
似たものとしてCMS(Content Management System、コンテンツ管理システム)は、Webコンテンツを構成するテキストや画像などのディジタルコンテンツを統合的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムのことです。
 イ  MDAは、システムをプラットフォームに依存する部分と依存しない部分とに分けてモデル化することを特徴とする技法です。
 ウ  OMT(Object Modeling Technique、オブジェクトモデル化技法)は、オブジェクト指向を使ってシステム分析や設計を進めるオブジェクト指向分析/設計開発技法です。
 エ  UML(Unified Modeling Language、統一モデリング言語)は、オブジェクト指向のソフトウェア開発における、プログラム設計図の統一表記法です。


キーワード
・MDA

キーワードの解説
  • MDA(Model-Driven Architecture、モデル駆動型アーキテクチャ)
    プラットフォーム(特定のプログラミング環境)に依存せず、UMLなどの標準モデリング技法を使ってアプリケーションの機能をモデル化し、さらにそのモデル情報を基にコードを自動生成する開発手法です。
    MDAの目的としては、アーキテクチャから設計を分離し、設計とアーキテクチャがそれぞれ独立して変更できるような技術を確立することです。

もっと、「MDA」について調べてみよう。

戻る 一覧へ