平成29年 秋期 応用情報技術者 午前 問41

暗号方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア  AESは公開鍵暗号方式、RSAは共通鍵暗号方式の一種である。
 イ  共通鍵暗号方式では、暗号化及び復号に使用する鍵が同一である。
 ウ  公開鍵暗号方式を通信内容の秘匿に使用する場合は、暗号化に使用する鍵を秘密にして、復号に使用する鍵を公開する。
 エ  ディジタル署名に公開鍵暗号方式が使用されることはなく、共通鍵暗号方式が使用される。


答え イ


解説

 ア  AESは共通鍵暗号方式で、RSAは公開鍵暗号方式です。
 イ  共通鍵暗号方式は、暗号化と復号で同じ鍵を使用します。
 ウ  公開鍵暗号方式で通信内容を秘匿する場合、暗号化鍵を公開して、復号鍵を秘密にします。
 エ  ディジタル署名では公開鍵暗号方式が使用されます。


キーワード
・暗号方式

キーワードの解説
  • 暗号方式
    暗号には、アルゴリズムを秘密にする暗号方式と、アルゴリズムを公開し暗号・復号に使用するデータ(暗号化鍵)を秘密にする暗号方式があります。(現在、使用されている暗号方式は暗号化鍵を使うものが多い。)
    暗号化鍵を使用する暗号方式には、暗号化と復号で同じ暗号化鍵を使用する共通鍵暗号方式と、暗号化と復号で異なった暗号化鍵を使用する公開鍵暗号方式があります。

もっと、「暗号方式」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ