平成29年 秋期 応用情報技術者 午前 問44

ICカードの耐タンパ性を高める対策はどれか。

 ア  ICカードとICカードリーダとが非接触の状態で利用者を認証して、利用者の利便性を高めるようにする。
 イ  故障に備えてあらかじめ作成した予備のICカードを保管し、故障時に直ちに予備カードに交換して利用者がICカードを続けられるようにする。
 ウ  信号の読出し用プローブの取付けを検出するとICチップ内の保存情報を消去する回路を設けて、ICチップ内の情報を容易に解析できないようにする。
 エ  利用者認証にICカードを利用している業務システムにおいて、退職者のICカードは業務システム側で利用を停止して、他の利用者が使用できないようにする。


答え ウ


解説

 ア  利便性についての記述で、耐タンパ性とは関係ありません。
 イ  可用性についての記述で、耐タンパ性とは関係ありません。
 ウ  耐タンパ性についての記述です。
 エ  機密性についての記述ですが、耐タンパ性とは関係ありません。


キーワード
・耐タンパ性

キーワードの解説
  • 耐タンパ性(tamper resistant)
    ソフトウェアやハードウェアが備える、内部に保持しているデータを読み取られることについての耐性のことです。
    情報セキュリティの機密性で重要視する考え方です。

もっと、「耐タンパ性」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ