平成29年 秋期 応用情報技術者 午前 問65

“情報システム・モデル取引・契約書”によれば、情報システム開発において、多段階契約の考え方を採用する目的はどれか。
ここで、多段階契約とは工程ごとに個別契約を締結することである。

 ア  開発段階において、前工程の遂行の結果、後工程の見積前提条件に変更が生じた場合に、各工程の開始のタイミングで、再度見積りを可能とするため
 イ  サービスレベルの達成・未達の結果に対する対応措置(協議手続、解約権、ペナルティ・インセンティブなど)及びベンダの報告条件などを定めるため
 ウ  正式な契約を締結する前に、情報システム構築を開始せざるを得ない場合の措置として、仮発注合意書(Letter of Intent:LOI)を交わすため
 エ  ユーザ及びベンダのそれぞれの役割分担を、システムライフサイクルプロセスに応じて、あらかじめ詳細に決定しておくため


答え ア


解説
情報システム開発で多段階契約を採用する目的は要件定義プロセスなど開発規模が未確定な段階でもベンダに開発を委託する場合に、開発規模やスケジュールが明確になるまでは(準)委託契約を締結し、明確になってからは請負契約にするなど工程によって契約形態を変えるためです。


キーワード
・情報システム・モデル取引・契約書

キーワードの解説
  • 情報システム・モデル取引・契約書
    情報システムの調達の基本方針として経済産業省が定めた方針で、情報システムの開発委託(受託)についてのモデルが書かれています。
    内容としては、各開発フェーズの契約方法、損害賠償責任、著作権の帰属、フリーソフト・オープンソースソフトウェアの利用についての記述があります。

もっと、「情報システム・モデル取引・契約書」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ