平成29年 春期 応用情報技術者 午前 問10

キャッシュメモリのライトスルーの説明として、適切なものはどれか。

 ア  CPUが書込み動作をするとき、キャッシュメモリだけにデータを書き込む。
 イ  キャッシュメモリと主記憶の両方に同時にデータを書き込む。
 ウ  主記憶のデータの変更は、キャッシュメモリから当該データが追い出されるときに行う。
 エ  主記憶へのアクセス頻度が少ないので、バスの占有率が低い。


答え イ


解説

 ア  CPUが書込み動作をするとき、キャッシュメモリだけにデータを書き込むのは、ライトバック方式です。
 イ  キャッシュメモリと主記憶の両方に同時にデータを書き込むのは、ライトスルー方式です。
 ウ  主記憶のデータの変更は、キャッシュメモリから当該データが追い出されるときに行うのは、ライトバック方式です。
 エ  主記憶へのアクセス頻度が少ないので、バスの占有率が低いのは、ライトバック方式です。


キーワード
・ライトバック方式
・ライトスルー方式

キーワードの解説
  • ライトバック方式(write-back)
    ライトバック方式は、書き出しを行う主記憶の領域がキャッシュメモリにある限り、キャッシュメモリの書き換えだけで行うので、高速な書き出しが可能である。
    ただし、キャッシュメモリと主記憶の内容に差が発生するため、CPUを介しない主記憶のアクセスを行うDMA(Direct Memory Access)などを行うとデータの内容が正しくないことがあるため、DMAを使うときにはキャッシュメモリのデータを主記憶に書き出す処理を行う必要がある。
  • ライトスルー方式(write-through)
    ライトスルー方式は、書き出し時にキャッシュメモリと主記憶の両方に行うため、データの内容が一致しているので扱いが容易であるが、書き出し時に都度主記憶へのアクセスが発生するため、アクセスの高速化という意味では不利な方法である。

もっと、「ライトスルー方式」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ