平成29年 春期 応用情報技術者 午前 問12

WebシステムにおけるCDN(Content Delivery Netowork)に関する記述として、適切なものはどれか。

 ア  Webサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバの三つの構成要素に分けることによってコンテンツの検索を容易にすると同時に、システムの拡張性も高める。
 イ  コミュニティ型のWebサイト及びネットワークサービスによって、人と人のつながりを促進するコンテンツを共有する。
 ウ  動画再生や音楽再生に必要なプログラム部品をインターネット経由で入手し、Webブラウザに組み込む。
 エ  動画や音声などの大容量のデータを利用する際にインターネット回線の付加を軽減するようにサーバを分散配置する。


答え エ


解説

 ア  Webサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバの三つの構成要素に分けることによってコンテンツの検索を容易にすると同時に、システムの拡張性も高めるのは、Web3層構成です。
 イ  コミュニティ型のWebサイト及びネットワークサービスによって、人と人のつながりを促進するコンテンツを共有するのは、SNS(Social Networking Service)です。
 ウ  動画再生や音楽再生に必要なプログラム部品をインターネット経由で入手し、Webブラウザに組み込むのは、プラグイン(plug in)です。
 エ  動画や音声などの大容量のデータを利用する際にインターネット回線の付加を軽減するようにサーバを分散配置するのは、CDNです。


キーワード
・CDN

キーワードの解説
  • CDN(Content Delivery Netowork)
    インターネット上にキャッシュサーバを分散配置して、利用者(エンドユーザ)に最も近い経路にあるキャッシュサーバから画像や動画などのWebコンテンツを、オリジナルのWebサーバに代わって配信する仕組みです。

もっと、「CDN」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ