平成29年 春期 応用情報技術者 午前 問22

16ビットのダウンカウントのカウンタを用い、そのカウンタの値が0になると割込みを発生させるハードウェアタイマがある。
カウンタに初期値として10進数の150をセットしてタイマをスタートすると、最初の割込みが発生するまで時間は何マイクロ秒か。
ここで、タイマクロックは16MHzを32分周したものとする。

 ア  0.3  イ  2  ウ  150  エ  300


答え エ


解説
このタイマのタイマクロックは16MHzを32分周なので、タイマのカウンタが1変化するにかかる時間は
 1秒÷16MHz×32分周 = 2×10-6
であり、割込みは150にセットしたカウンタ値が0になると発生するので、その時間は
 150×2×10-6秒 = 3×10-4秒 = 300マイクロ秒
(エ)になる。


キーワード
・分周器

キーワードの解説
  • 分周器
    入力信号を数え決められた回数に達したら出力信号を変化させる電子部品です。
    高い周波数信号を入力にし、低い周波数信号を作るときに使われます。

もっと、「分周器」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ