平成29年 春期 応用情報技術者 午前 問28

“部品”表のメーカコード列に対し、B+木インデックスを作成した。
これによって、検索の性能改善が最も期待できる操作はどれか。
ここで、部品及びメーカのデータ件数は十分に多く、“部品”表に存在するメーカコード列の値の種類は十分な数があり、かつ、均一に分散されているものとする。
また、“部品”表のごく少数の行には、メーカコード列にNULLが設定されている。
ここで、実線の下線は主キーを、破線の下線は外部キーを表す。

 部品(部品コード, 部品名, メーカコード)
 メーカ(メーカコード, メーカ名, 住所)

 ア  メーカコードの値が1001以外の部品を検索する。
 イ  メーカコードの値が1001でも4001でもない部品を検索する。
 ウ  メーカコードの値が4001以上、4003以下の部品を検索する。
 エ  メーカコードの値がNULL以外の部品を検索する。


答え ウ


解説
B+木インデックスの特徴は大量のデータからの検索でもよいパフォーマンスを得られることと、範囲検索を行うことができる点ですので、B+木インデックの作成により検索の性能改善が最も期待できる操作は『メーカコードの値が4001以上、4003以下の部品を検索する。』(ウ)になります。


キーワード
・B+木インデックス

キーワードの解説
  • B+木インデックス
    B+木の構造を利用したインデックスで、どのようなキー値でも、同一の速度が期待でき、大量のデータでも効率的に検索を行うことができます。

もっと、「B+木インデックス」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ