平成29年 春期 応用情報技術者 午前 問66

多角化戦略のうち、M&Aによる垂直統合に該当するものはどれか。

 ア  銀行による保険会社の買収・合併
 イ  自動車メーカによる軽自動車メーカの買収・合併
 ウ  製鉄メーカによる鉄鋼石採掘会社の買収・合併
 エ  電機メーカによる不動産会社の買収・合併


答え ウ


解説
多角化戦略とは、企業がこれまで事業を行っていない新しい事業分野に進出することで、垂直統合は自社の製品の前工程や後工程の事業分野に進出することなので、多角化戦略のうちM&Aによる垂直統合に該当するのは製鉄メーカによる鉄鋼石採掘会社の買収・合併(ウ)になります。


キーワード
・M&A
・垂直統合

キーワードの解説
  • M&A(Mergers and Acquisitions)
    2つ以上の会社が一つになったり(合併)、ある会社が他の会社を買ったり(買収)することです。
    新規事業に参入するときに自社ですべての業務を始めるのではなく、当該事業をすでに行っている他の企業から経営資源を得ることで、短期間で新規事業を実現可能です。
  • 垂直統合
    企業が統合する方法のひとつで、異なる工程の業務を担う企業同士が統合することで、業務を一元管理することができます。

もっと、「M&A」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ