平成29年 春期 システム監査技術者 午前II 問13

プログラムの著作物について、著作権法上、適法である行為はどれか。

 ア  海賊版を複製したプログラムと事前に知りながら入手し、業務で使用した。
 イ  業務処理用に購入したプログラムを複製し、社内教育用として各部門に配布した。
 ウ  職務著作のプログラムを、作成した担当者が独断で複製し、他社に貸与した。
 エ  処理速度を向上させるために、購入したプログラムを改変した。


答え エ


解説
プログラムの異なった環境(プラットフォーム)で動作するような変更や、処理速度を向上させるような変更は著作権法上問題ありません。
なお、市販されているプログラム(ソフトウェア)のほとんどは、使用条件に“改造禁止”があります。


キーワード
・著作権

キーワードの解説
  • 著作権
    知的財産権の一つで、著作物を排他的・独占的に利用して利益を受ける権利のことです。
    著作権は、著作物を作成した人が持つ権利で、著作者が作品の所有権を他人に譲渡した場合でも、その行為によって著作権が消滅したり、移転したりすることはありません。

もっと、「著作権」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ