平成29年 春期 システム監査技術者 午前II 問15

インターネットのショッピングサイトで、商品の広告をする際に、商品の販売価格、代金の支払時期及び支払方法、商品の引渡時期、売買契約の解除に関する事項などの表示を義務付けている法律はどれか。

 ア  商標法  イ  電子消費者契約法
 ウ  特定商取引法  エ  不正競争防止法


答え ウ


解説

 ア  商標法は、商品を区別するための標識(商品名、図形)を保護する目的の法律です。
 イ  電子消費者契約法は、電子商取引などにおける消費者の操作ミスの救済、契約の成立時期の転換などを定めた法律です
 ウ  特定商取引法は、業者と消費者の間における紛争が生じやすい訪問販売や通信販売(インターネットショッピング)等の取引について、勧誘行為の規制、紛争を回避するための規制及びクーリング・オフ制度等の解決手続を設けることによって、取引の公正性と消費者被害の防止する法律です。
 エ  不正競争防止法は、正常な市場経済が機能するために、競争相手の技術を産業スパイによって取得したりするなどの不正な行為や不法行為を防ぐための法律です。


キーワード
・特定商取引法

キーワードの解説
  • 特定商取引法(特定商取引に関する法律)
    訪問販売、通信販売、連鎖販売取引等といった消費者トラブルを生じやすい特定の取引形態を対象として、消費者保護と健全な市場形成の観点から、特定商取引法を活用し、取引の適正化を図っています。
    特定商取引法では、事業者の不適正な勧誘・取引を取り締まるための「行為規制」やトラブル防止・解決のための「民事ルール」(クーリング・オフ等)を定めています。

もっと、「特定商取引法」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ