平成29年 春期 システム監査技術者 午前II 問23

CRUDマトリックスを用いてエンティティのライフサイクル分析を行った。
このマトリックスから分かることは何か。

エンティティ
機能
顧客 製品 受注 受注明細
顧客登録・更新 C R U D


顧客検索   R


製品登録・更新
C R U

製品検索
  R

受注登録・更新   R   R C   U C   U
受注検索   R   R   R   R

 ア  削除する機能が用意されていないエンティティがあるので、誤登録や多重登録したエンティティを削除できないおそれがある。
 イ  ℃の機能からも産所スあれないエンティティがあるので、必要な機能が漏れているおそれがある。
 ウ  複数の機能が同一のエンティティを更新するので、デッドロックが発生するおそれがある。
 エ  複数の機能から精製されるエンティティがあるので、機能が重複しているおそれがある。


答え ア


解説
CRUDマトリックスは

  • Cが生成(Create)
  • Rが読み取り(Read)
  • Uが更新(Update)
  • Dが削除(Delete)
の機能を示していて、問題のマトリクスでは“D”のないエンティティがあるので、削除する機能が用意されていないエンティティがあるので、誤登録や多重登録したエンティティを削除できないおそれがあります。(ア)


キーワード
・CRUDマトリックス

キーワードの解説
  • CRUDマトリックス(情報分析図)
    CRUDとはデータベース管理システムが提供する基本機能で、データベースのエンティティに対して、どの機能がデータ操作を行うのかを整理したものがCRUDマトリックスです。
    データモデル表現の標準的手法であるERモデルは静的モデルであるため、いつどのようなタイミングでデータが生成されたり、書き換えられたりするのかを明確に表現できないが、CRUDマトリックスはそれを補完する存在となっています。

もっと、「CRUDマトリックス」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ