平成29年 春期 データベーススペシャリスト 午前II 問19

関係データベースにおいて、タプル数n の表二つに対する結合操作を入れ子ループ法によって実行する場合の計算量は幾らか。

 ア  O (2n )  イ  O (log n )  ウ  O (n 2)  エ  O (n log n )


答え ウ


解説
入れ子ループ法による結合操作では、双方の表のタプル数の積の結合処理が行われるので、タプル数n の表とタプル数n の表の結合操作の計算量はn ×n = n 2なので、計算量はO (n 2)(ウ)になります。


キーワード
・入れ子ループ法

キーワードの解説
  • 入れ子ループ法
    結合する表の一方から1行取り出して、もう一方の表の全ての行と結合していく方法です。

もっと、「入れ子ループ法」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ