平成29年 春期 エンベデッドシステムスペシャリスト 午前II 問11

図に示すPLLがロック状態の場合、出力周波数fout を基準周波数fref で表したものはどれか。
ここで、分周器の分周比はN とする。

 ア    イ    ウ    エ  Nfref


答え エ


解説
PLLを構成する各機能は

  • 位相比較器
    入力された2つの信号の位相差を電圧に変換し出力する回路です。
  • ループフィルタ
    フィードバックを含む回路では短い周期の信号変動が増幅されることで無用な発振が起きることがあり、これを避けるためにフィルタによって不要な短い周期の変動を遮断します。
  • 電圧制御発振器(VCO)
    入力された電圧によって出力周波数を制御することができる回路です。
  • 分周器
    入力信号を数え決められた回数に達したら出力信号を変化させる電子部品です。高い周波数信号を入力にし、低い周波数信号を作るときに使われます。
です。
PLLはfref の位相と分周器でN されたfout の位相が一致するような動作をするので、fout の周波数はNfref (エ)になる。(fref = fout ÷N になる。)


キーワード
・PLL

キーワードの解説
  • PLL(Phase Locked Loop、位相同期回路)
    外部からの入力基準信号と、出力信号との位相差が一定になるよう、フィードバック制御をかけて発振をさせる回路のことで、入力信号から様々な信号を作り出すことができます。

もっと、「PLL」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ