平成29年 春期 プロジェクトマネージャ 午前II 問4

PMBOKガイド第5版によれば、プロジェクトスコープマネジメントにおいて、WBSの作成に用いるローリングウェーブ計画法の説明はどれか。

 ア  WBSを補完するため、WBS要素ごとに詳細な作業の内容などを記述する。
 イ  過去に実施したプロジェクトのWBSをテンプレートとして、新たなWBSを作成する。
 ウ  将来実施されるサブプロジェクトについては、上位レベルのWBSにとどめておき、詳細が明確になってから、要素分解して詳細なWBSを作成する。
 エ  プロジェクトの作業をより詳細化するために、WBSの最下位レベルの作業内容や要素成果物を定義する。


答え ウ


解説
ローリングウェーブ計画法(rolling wave planning)は、計画をだんだん細かくしていく計画技法のことで、プロジェクトの計画視点では、情報が限られていたり、要件の細部まで明確になっていないことが多く、WBSの作成が難しいことが多いので、計画を一気に作成するのではなく、最初はラフな計画でプロジェクトが進むにしたがい、詳細な計画を立てていくという技法です。


キーワード
・プロジェクトスコープ

キーワードの解説
  • プロジェクトスコープ
    プロジェクトの成果物を得るために必要な作業のことで、プロジェクトの範囲と考えることができます。

もっと、「プロジェクトスコープ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ