平成29年 春期 プロジェクトマネージャ 午前II 問11

アジャイル型開発プロジェクトの管理に用いるベロシティの説明はどれか。

 ア  開発規模を見積もる際の規模の単位であり、ユーザストーリ同士を比較し、相対的な量で表すものである。
 イ  完了待ちのプロダクト要求事項と成果物を組み合わせたものをビジネスにおかえう優先度順に並べたものである。
 ウ  定められた期間で完了した作業量と残作業量をグラフにして進捗状況を表すものである。
 エ  チームの生産性の測定単位であり、佐田寝られた期間で製造、妥当性確認、及び受入れが行われた成果物の量を示すものである。


答え エ


解説

 ア  開発規模を見積もる際の規模の単位であり、ユーザストーリ同士を比較し、相対的な量で表すものは、サイクルタイム(リードタイム)です。
 イ  完了待ちのプロダクト要求事項と成果物を組み合わせたものをビジネスにおかえう優先度順に並べたものは、DONE率です。
 ウ  定められた期間で完了した作業量と残作業量をグラフにして進捗状況を表すものは、状態別タスク数です。
 エ  チームの生産性の測定単位であり、佐田寝られた期間で製造、妥当性確認、及び受入れが行われた成果物の量を示すものは、ベロシティです。


キーワード
・アジャイルソフトウェア開発

キーワードの解説
  • アジャイルソフトウェア開発
    ソフトウェア要求仕様の変更などの変化に対して機敏な対応ができ、顧客に価値あるソフトウェアを迅速に提供することを目的とするソフトウェア開発方法論の総称です。
    それまでの重厚長大なシステムを開発するためのプロセスから、小さなシステムを組み合わせて目的とするシステムを構築するためのプロジェクトに適した軽量級の開発プロセスとして、開発手法や開発プロセスが考え出されました。

もっと、「アジャイルソフトウェア開発」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ