平成29年 春期 情報処理安全確保支援士 午前II 問1

AESの特徴はどれか。

 ア  鍵、長によって段数が決まる。
 イ  段数は、6回以内の範囲で選択できる。
 ウ  データの暗号化、復号、暗号化の順に3回繰り返す。
 エ  同一の公開鍵を用いて暗号化を3回繰り返す。


答え ア


解説

 ア  AESは置換と転換を行うSPN(Substitution Permutation Network Structure)構造の暗号化方式で、鍵長は128ビット、192ビット、256ビットから選択でき、鍵長で処理の回数が違います。
 イ  AESでは処理の段数は鍵長で決まります。
 ウ  データの暗号化、復号、暗号化の順に3回繰り返すのは3DES(Triple DES)です。
 エ  AESは、共通鍵暗号方式なので鍵を公開することはありません。


キーワード
・AES

キーワードの解説
  • AES(Advanced Encryption Standard)
    NISTによって制定された、米国政府の新世代標準暗号化方式です。
    それまで標準暗号として用いられていたDESが、コンピュータの高性能化、暗号理論の発展に伴い、信頼性が低下したため、次世代の暗号標準として公募し採用された「Rijndael」という暗号化方式です。

もっと、「AES」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ