平成30年 秋期 ITパスポート 問17

A社は、営業担当者が日々のセールス活動で利用する営業部門内システムの構築プロジェクトを進めている。
このプロジェクトは、システム開発部門長がプロジェクトマネージャとなり、システム開発部門から選ばれたメンバによって編成されている。
当該システムの業務要件定義を完了するための主要な手続きとして、適切なものはどれか。

 ア  営業活動方針を基にプロジェクトメンバが描いたシステムのあるべき姿を、営業企画担当者に提出する。
 イ  営業部門長と営業担当者から聴取した業務ニーズをプロジェクトメンバが整理・要約し、営業部門長と合意する。
 ウ  業務要件としてプロジェクトメンバが作成したセールス活動の現状の業務フローを、営業担当者に報告する。
 エ  ブレーンストーミングによってプロジェクトメンバが洗い出した業務要件を、プロジェクトマネージャが承認する。


答え イ


解説
システム開発の要件定義プロセスでは、実際に利用する担当者の要望・要求を集め、組織(企業)が目指すべき目的を達成するのに必要な要件を決定し、その内容を利用部門に説明し合意を得る必要があります。


キーワード
・要件定義

キーワードの解説
  • 要件定義
    システムやソフトウェアを開発するときに、開発依頼元が求める機能や性能を明確にし、開発依頼元と開発者間で合意することが目的です。
    要件定義を作成するためには、システムの概要などが書かれた文書がインプットになる。
    また、要件定義では現状の業務の調査をしっかりと行うことが必要である。

もっと、「要件定義」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ