平成30年 秋期 ITパスポート 問26

中堅家電メーカA社では、自社の製品群に対する資金投資の優先度を検討するために、将来性と競争力によって製品をグループ分けしたい。
このとき用いる分析手法として、最も適切なものはどれか。

 ア  自社製品の価格と客層に関するクラスタ分析
 イ  自社製品の購入顧客に関するRFM分析
 ウ  自社製品のシェアと市場成長率に関するPPM分析
 エ  自社製品の不具合の原因に関する主成分分析


答え ウ


解説
将来性と競争力によって製品をグループ分けするのは、PPM分析です。
PPM分析では市場将来性とシェアから製品を“花形製品”、“金のなる木”、“問題児”、“負け犬”に分類し投資方針を決定します。


キーワード
・プロダクトポートフォリオマネジメント

キーワードの解説
  • プロダクトポートフォリオマネジメント(Product Portfolio Management、PPM)
    戦略的観点から経営資源の配分が最も効率的・効果的となる製品・事業相互の組み合わせを決定するための経営分析・管理手法です。
    自社の事業や製品を外部要素(市場成長率)と内部要素(市場シェア)で評価し、対応策を決定する。
     

もっと、「プロダクトポートフォリオマネジメント」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ