平成30年 秋期 ITパスポート 問47

ITサービスを提供するために、データセンタでは建物や設備などの資源を最適な状態に保つように維持・保全する必要がある。
建物の設備の維持・保全に関する説明として、適切なものはどれか。

 ア  ITベンダと顧客との間で不正アクセスの監視に関するサービスレベルを合意する。
 イ  自家発電機を必要な時に利用できるように、点検などを行う。
 ウ  建物の建設計画を立案し、建設工事を完成させる。
 エ  データセンタで提供しているITサービスに関する、利用者からの問合せへの対応、一時解決を行う。


答え イ


解説

 ア  ITベンダと顧客との間で不正アクセスの監視に関するサービスレベルを合意するのは、SLA(Service Level Agreement)です。
 イ  自家発電機を必要な時に利用できるように、点検などを行うのは、建物の設備の維持・保全するためのファシリティマネジメントです。
 ウ  建物の建設計画を立案し、建物の建設工事を完成させるのは、建設についてのプロジェクトマネジメントです。
 エ  データセンタで提供しているITサービスに関する、利用者からの問合せへの対応、一時解決を行うのは、サービスデスク(ヘルプデスク)です。


キーワード
・ファシリティマネジメント

キーワードの解説
  • ファシリティマネジメント(facility management)
    業務で使用している不動産(土地、建物、構築物、設備等)のすべてを、経営にとって最適な状態(コスト最小、効果最大)になるように、保有、運営、維持(管理)することです。

もっと、「ファシリティマネジメント」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ