平成30年 秋期 ITパスポート 問63

トランザクション処理におけるロースバックの説明として、適切なものはどれか。

 ア  あるトランザクションが共有データを更新しようとしたとき、そのデータに対する他のトランザクションからの更新を禁止にすること
 イ  トランザクションが正常に処理されたときに、データベースの更新を確定させること
 ウ  何らかの理由で、トランザクションが正常に処理されなかったときに、データベースをトランザクション開始前の状態にすること
 エ  複数の表を、互いに関係づける列をキーとして、一つの表にすること


答え ウ


解説

 ア  あるトランザクションが共有データを更新しようとしたとき、そのデータに対する他のトランザクションからの更新を禁止にするのは、排他制御です。
 イ  トランザクションが正常に処理されたときに、データベースの更新を確定させるのは、コミットです。
 ウ  何らかの理由で、トランザクションが正常に処理されなかったときに、データベースをトランザクション開始前の状態にするのは、ロールバックです。
 エ  複数の表を、互いに関係づける列をキーとして、一つの表にするのは、結合です。


キーワード
・トランザクション処理

キーワードの解説
  • トランザクション処理
    トランザクション(transaction)とは関連する複数の処理を一連の一つの処理としてまとめたもののことです。
    金融機関の入出金処理などが代表例です。
    トランザクションとしてまとめられた処理は、処理の途中で中断することはなく、連続して処理するのが普通です。

もっと、「トランザクション処理」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ