平成30年 秋期 ITパスポート 問66

NFCに関する記述として、適切なものはどれか。

 ア  10cm程度の近距離での通信を行うものであり、ICカードやICタグのデータの読み書きに利用されている。
 イ  数十mエリアで通信を行うことができ、無線LANに利用されている。
 ウ  赤外線を利用して通信を行うものであり、携帯電話のデータ交換などに利用されている。
 エ  複数の人工衛星からの電波を受信することができ、カーナビの位置計測に利用されている。


答え ア


解説

 ア  10cm程度の近距離での通信を行うものであり、ICカードやICタグのデータの読み書きに利用されているのは、NFCです。
 イ  数十mエリアで通信を行うことができ、無線LANに利用されているのは、IEEE 802.11です。
 ウ  赤外線を利用して通信を行うものであり、携帯電話のデータ交換などに利用されているのは、IrDA(Infrared Data Association)です。
 エ  複数の人工衛星からの電波を受信することができ、カーナビの位置計測に利用されているのは、GPS(Global Positioning System)です。


キーワード
・NFC

キーワードの解説
  • NFC(Near Field Communication)
    十数cmの至近距離でデータ通信を行なう近距離無線通信の国際標準の一つです。
    ソニーの非接触ICカード「FeliCa」とNXP Semiconductors社の非接触ICカード「Mifare」を元に策定され、両方式の上位互換となっています。

もっと、「NFC」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ