平成30年 秋期 ITパスポート 問85

関係で0タベースで管理している“担当社員”表、“地区”表及び“顧客”表を結合して、A表を得た。
結合に用いた“顧客”表はどれか。
ここで、架線のうち実践は主キーを、破線は外部キーを表す。

担当社員
社員コード 社員名

地区
地区コード 地区名

A
顧客コード 顧客名 社員名 地区名 代表者名

 ア
顧客コード 顧客名 代表者名
 イ
顧客コード 顧客名 代表者名 社員コード
 ウ
顧客コード 顧客名 代表者名 地区コード
 エ
顧客コード 顧客名 代表者名 社員コード 地区コード


答え エ


解説
“担当社員”表、“地区”表、A表から“顧客”表はA表にあって“担当社員”表、“地区”表にない「顧客コード」を主キーにもち、「顧客名」「代表者名」が必要である。
また、A表の「社員名」「地区名」を“担当社員”表、“地区”表から抽出するための「社員コード」と「地区コード」を外部キーとして持つ必要がある。(エ)

顧客コード 顧客名 代表者名 社員コード 地区コード


キーワード
・主キー

キーワードの解説
  • 主キー
    主キーは関係データベース(リレーショナルデータベース、RDB)において、データの組(レコード、行)を識別するのに最もふさわしいデータの項目(列)のことです。
    主キーを使いデータの組を特定します。

もっと、「主キー」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ