平成30年 秋期 ITパスポート 問90

バイオメトリクス認証の例として、適切なものはどれか。

 ア  ATM利用時に、センサに手のひらをかざし、あらかじめ登録しておいて静脈のパターンと照合させることによって認証する。
 イ  スマートフォンのスクリーンを一筆書きのように、あらかじめ登録した順序でなぞることによってスクリーンロックを解除する。
 ウ  複数の写真の中から屋外の写真だけを選ばせるなど、機械による判別が難しい課題を解かせることによって、人間が操作していることを確認する。
 エ  複数の写真の中から親族など本人に関係がある画像だけを選ばせることによって認証する。


答え ア


解説

 ア  ATM利用時に、センサに手のひらをかざし、あらかじめ登録しておいて静脈のパターンと照合させることによって認証するのは、バイオメトリクス認証の例です。
 イ  スマートフォンのスクリーンを一筆書きのように、あらかじめ登録した順序でなぞることによってスクリーンロックを解除するのは、スワイプといいます。
 ウ  複数の写真の中から屋外の写真だけを選ばせるなど、機械による判別が難しい課題を解かせることによって、人間が操作していることを確認するのは、画像認証の例です。
 エ  複数の写真の中から親族など本人に関係がある画像だけを選ばせることによって認証するのは、画像認証の例です。


キーワード
・バイオメトリクス認証システム

キーワードの解説
  • バイオメトリクス(生体)認証システム
    利用者の身体的な特徴を利用して、本人確認をする方法です。
    利用される身体的な特徴は、複製が難しく、年月での変化が少ないものが使われ、実用化されているものには指紋、網膜、虹彩、血管(静脈)、声紋、筆跡などがあります。
    ただ、バイオメトリクスは毎回同じデータを取得できないため、本人であるのに認証ではじかれてしまうことがあり、これを本人拒否といいます。逆に他人を認証してしまうのを他人受入といいます。

もっと、「バイオメトリクス認証システム」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ