平成30年 秋期 ITパスポート 問96

無線LANで利用されている周波数の2.4GHz帯、5GHz帯に関する喜寿として、適切なものはどれか。

 ア  2.4GHz帯と5GHz帯は、同じ室内で同時に使用できない。
 イ  2.4GHz帯は、5GHz帯と比べると障害物に強く電波が届きやすい。
 ウ  2.4GHz帯はWPA2の暗号化に対応しているが、5GHz帯は対応していない。
 エ  2.4GHz帯は家電製品の電波干渉を受けないが、5GHz帯は電波干渉を受ける。


答え イ


解説
電波は使用する周波数が高い程@減衰が早くなる、A直進性が高くなる、B反射し易くなると言う性質があります。
逆に周波数が低いと障害物の陰に回析して回り込みやすいので、2.4GHz帯は、5GHz帯と比べると障害物に強く電波が届きやすく(イ)なります。


キーワード
・無線LAN

キーワードの解説
  • 無線LAN
    無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことです。
    無線LANは配線の必要なく、LAN接続できるため手軽ですが、セキュリティ対策を行っていないと通信データの盗聴や不正なアクセス(接続)などのリスクが発生します。

もっと、「無線LAN」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ