平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問17

スプーリング機能の説明として、適切なものはどれか。

 ア  あるタスクを実行しているときに、入出力命令の実行によってCPUが遊休(アイドル)状態になると、他のタスクにCPUを割り当てる。
 イ  実行中のプログラムを一時中断して、制御プログラムに制御を移す。
 ウ  主記憶装置と低速の入出力装置との間のデータ転送を、補助記憶装置を介して行うことによって、システム全体の処理能力を高める。
 エ  多数のバッファからなるバッファプールを用意し、主記憶にあるバッファにアクセスする確率を増やすことによって、補助記憶のアクセス時間を短縮する。


答え ウ


解説

 ア  タスク切り替え(ディスパッチ)の説明です。
マルチタスクOSでは必須の機能です。
 イ  割込み処理の説明です。
 ウ  スプーリングの説明です。
 エ  ディスクキャッシュの説明です。


キーワード
・スプーリング

キーワードの解説
  • スプーリング(spooling)
    低速の入出力装置とのデータ転送をCPUが行うと、処理が滞ってしまうため、磁気ディスクなどにデータを格納し、補助装置が入出力装置の進行状況に合わせて時間を空けながら少しずつ処理を行うことです。
    プリンタ、電子メールなどで使われています。

もっと、「スプーリング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ