平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問36

アプリケーションソフトウェアにディジタル署名を施す目的はどれか。

 ア  アプリケーションソフトウェアの改ざんを利用者が検知できるようにする。
 イ  アプリケーションソフトウェアの使用を特定の利用者に制限する。
 ウ  アプリケーションソフトウェアの著作権者が作成者であることを証明する。
 エ  アプリケーションソフトウェアの利用者による修正や改変を不可能にする。


答え ア


解説
ディジタル署名は

  • 署名を行ったデータ(文書、ソフトウェア)に対し、不正な改ざんが行われていないことを確認
  • データの作成を行った相手が、正当な相手であることを確認
するのに使用します。


キーワード
・ディジタル署名

キーワードの解説
  • ディジタル署名
    通常、我々は正式な文章を書くときには、文書に自筆の署名をしたり、捺印を押している。しかし、ディジタル文書では署名も捺印もできないため、文書が正式なことを保証するための手段としてディジタル署名を用いる。
    ディジタル署名はハッシュ関数と公開鍵暗号方式を用いて、以下の手順で行う。
    1. 送信する文書のハッシュ値を求め、自分の秘密鍵で暗号化してディジタル署名とする。
    2. データとディジタル署名を相手に送信する。
    3. 受信側は受信したデータからハッシュを求め、ディジタル署名を相手の公開鍵で復号した結果が一致するかどうかでディジタル署名の確認を行う。

もっと、「ディジタル署名」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ