平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問40

組織的なインシデント対応体制の構築や運用を支援する目的でJPCERT/CCが作成したものはどれか。

 ア  CSIRTマテリアル
 イ  ISMSユーザガイド
 ウ  証拠保全ガイドライン
 エ  組織における内部不正防止ガイドライン


答え ア


解説

 ア  CSIRTマテリアルは、組織的なインシデント対応体制の構築や運用を支援する目的でJPCERT/CCが作成したものです。
 イ  ISMSユーザガイドは、ISMSを効果的に構築しようとするユーザに向け、日本情報処理開発協会(JIPDEC)が作成したものです。
 ウ  証拠保全ガイドラインは、デジタル関係の紛争やサイバー攻撃などに備え証拠になりそうなデータの取り扱いについてデジタル・フォレンジック研究会が作成したものです。
 エ  組織における内部不正防止ガイドラインは、組織における内部不正の防止のために情報処理推進機構(IPA)が作成したものです。


キーワード
・JPCERT/CC

キーワードの解説
  • JPCERT/CC(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center)
    インターネットを介して発生するコンピューターセキュリティに関連する事象の情報を収集し、インシデント対応の支援、コンピュータセキュリティ関連情報の発信などを行う日本の組織です。
    設立の参考になった米国のCERT/CCが大学の研究機関に設立されたのと異なり、JPCERT/CCは、常勤スタッフと学術・産業界のアドバイザから構成されています。

もっと、「JPCERT/CC」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ