平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問42

IDSの機能はどれか。

 ア  PCにインストールされてるソフトウェア製品が最新バージョンである銅貨を確認する。
 イ  検査対象の製品にテストデータを送り、製品の応答や挙動から(ぜい)脆弱性を検出する。
 ウ  サーバやネットワークを監視し、侵入や侵害を検知した場合に管理者へ通知する。
 エ  情報システムの運用管理状況などの情報セキュリティ対策状況と企業情報を入力し、組織の情報セキュリティへの取組状況を自己診断する。


答え ウ


解説

 ア  PCにインストールされているソフトウェア製品が最新のバージョンであるかどうかを確認するのに、MyJVNバージョンチェッカがあります。
 イ  検査対象の製品にテストデータを送り、製品の応答や挙動から(ぜい)弱性を検出するのは、ファジング(fuzzing)です。
 ウ  サーバやネットワークを監視し、セキュリティポリシを侵害するような挙動を検知した場合に管理者へ通知するのは、IDSです。
 エ  情報システムの運用管理状況などの情報セキュリティ対策状況と企業情報を入力し、組織の情報セキュリティへの取組状況を自己診断するのは、情報セキュリティ対策ベンチマークです。


キーワード
・IDS

キーワードの解説
  • IDS(Intrusion Detection System、不正アクセス監視システム、侵入検知システム)
    ネットワークを流れるパケットを監視して、不正アクセスと思われるパケットを発見したときにアラームを表示するとともに、そのときの通信記録を保存します。
    IDSにはネットワーク上に設置するタイプ(ネットワーク型)と、監視したい装置(サーバ)に設置するタイプ(ホスト型)があります。

もっと、「IDS」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ