平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問72

ICタグ(RFID)の特徴はどれか。

 ア  GPSを利用し、受信地の位置情報や属性情報を表示する。
 イ  専用の磁気読み取り装置に挿入して使用する。
 ウ  大量の情報を扱うので、情報の記憶には外部記憶装置を利用する。
 エ  汚れに強く、記録された情報を(こん)包の外から読むことができる。


答え エ


解説

 ア  ICタグではGPSは利用していません。(現状、GPSを利用できるほど高性能なICタグはありません。)
 イ  ICタグは無線(非接触)のICチップで、磁気は使用しません。
 ウ  情報の記憶は、ICタグ内のメモリを使います。(それほど多くのデータは扱えません。)
 エ  ICタグは無線で通信を行うため、汚れや梱包の外からでも情報を読み取ることが可能です。
選択肢以外の特徴は、一度に複数のタグを読める、書込みができるなどがあります。また、問題点としてはコストやプライバシーなどです。


キーワード
・ICタグ(RFID)

キーワードの解説
  • ICタグ(RFID、radio frequency identifier)
    ICタグはICタグリーダから発射される電磁波によって電力を得て、ICタグリーダと通信を行う電子部品のことです。
    流通分野などで、商品の追跡を容易に行うことができるので、大手小売業などで利用が始まっています。
    流通などで使われるICタグが持っている情報としては、商品コードや商品の流通経路などの情報です。
    ICタグリーダはICタグのデータを読むだけではなく、追加書き込みができます。

もっと、「RFID」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ