平成30年 秋期 応用情報技術者 午前 問28

第1、第2、第3正規形とそれらの特徴a〜cの組合せとして、適切なものはどれか。

 a  どの非キー属性も、主キーの真部分集合に対して関数従属しない。
 b  どの非キー属性も、主キーに推移的に関数従属しない。
 c  繰返し属性が存在しない。

第1正規形 第2正規形 第3正規形
a b c
a c b
c a b
c b a


答え ウ


解説
それぞれの正規形の特徴は

  • 第1正規形
    データの繰り返し部分を別表にする。
  • 第2正規形
    1つのデータがきまると従属的にきまるデータを別グループ化する。
  • 第3正規形
    推移的に値がきまるデータを別グループ化する。
なので
第1正規形 第2正規形 第3正規形
c a b
になる。


キーワード
・正規化

キーワードの解説
  • 正規化
    データの冗長性をなくしたり、混在している等価な表現を整形したりすることによって、同じ形式でデータを扱えるようにすることです。
    データベースを正規化することでメンテナンス性を良くすることが可能です。ただし、表が複数に分割されるためデータベースへのアクセス性は悪化します。

もっと、「正規化」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ