平成30年 秋期 応用情報技術者 午前 問38

JIS X 9401:2016(情報技術−クラウドコンピューティング−概要及び用語)の定義によるクラウドサービス区分において、パブリッククラウドのクラウドサービスカスタマのシステム管理者が、可能サーバのゲストOSに対するセキュリティパッチの管理と適用を実施可か実施不可かの組合せのうち、適切なものはどれか。

IaaS PaaS SaaS
実施可 実施可 実施不可
実施可 実施不可 実施不可
実施不可 実施可 実施不可
実施不可 実施不可 実施可


答え イ


解説
IaaS、PaaS、SaaSはそれぞれ

  • IaaS(Infrastructure as a Service)
    情報システムの稼動に必要な機材や回線などのインフラを、インターネット上のサービスとして遠隔から利用できるようにしたものです。
  • PaaS(Platform as a Service)
    アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォームを、インターネット上のサービスとして遠隔から利用できるようにしたものです。
  • SaaS
    ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とするものだけをサービスとして配布し利用できるようにしたものです。
で、パブリッククラウドのクラウドサービスカスタマのシステム管理者が、可能サーバのゲストOSに対するセキュリティパッチの管理は
IaaS PaaS SaaS
実施可 実施不可 実施不可
になります。


キーワード
・パブリッククラウド

キーワードの解説
  • パブリッククラウド
    広く一般のユーザーや企業向けにクラウドコンピューティング環境をインターネット経由で提供するサービスです。
    パブリッククラウドに対して、自社専用に構築・運用されるクラウド環境をプライベートクラウドと呼びます。

もっと、「パブリッククラウド」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ