平成30年 秋期 応用情報技術者 午前 問51

プロジェクトの期間を短縮する方法のうち、クラッシングに該当するものはどれか。

 ア  作業の前後関係を組み直し、実施する順番を変える。
 イ  作業を分析し、同時に実施できる部分を複数の作業に分割し、並行して実施する。
 ウ  先行作業の一部の成果物が完成した時点で、後続作業を開始する。
 エ  プロジェクトの外部から要員を調達し、クリティカルパス上の作業に投入する。


答え エ


解説

 ア  作業の前後関係を組み直し、実施する順番を変えるのは、ファストトラッキングです。
 イ  作業を分析し、同時に実施できる部分を複数の作業に分割し、並行して実施するのは、ファストトラッキングです。
 ウ  先行作業の一部の成果物が完成した時点で、後続作業を開始するのは、ファストトラッキングです。
 エ  プロジェクトの外部から要員を調達し、クリティカルパス上の作業に投入するのは、クラッシングです。


キーワード
・クラッシング

キーワードの解説
  • クラッシング(crashing)
    プロジェクトのスケジュール短縮技法の一つで、リソースを追加することで納期の短縮をしようとすることです。
    具体的には残業を増やしたり、新しく人やリソースを投入して仕事を早める方法が取られることが多いです。
    ただし、トラブルにより遅延が発生している場合に人の投入を行うと、人だけ増えて問題は何も解消せず、新しく入ったメンバの理解不足解消のための教育などでますます状況が悪化します。

もっと、「クラッシング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ