平成30年 秋期 ネットワークスペシャリスト 午前II 問14

WebブラウザでURLにhttps://ftp.example.jp/index.cgi?port=123と指定したときに、Webブラウザが接続しにいくサーバのTCPポート番号はどれか。

 ア  21  イ  80  ウ  123  エ  443


答え エ


解説
URLの“https://ftp.example.jp/index.cgi?port=123”の意味は、スキームとして“https”を使用し、ホスト名は“ftp.example.jp”で、パス名は“index.cgi?port=123”であり、使用するプロトコルはスキームに書かれた“https”でこれはTLS(SSL)を使用した通信になり、ブラウザがアクセスするサーバのTCPポート番号は443(エ)になります。


キーワード
・URL
・ポート番号
・TLS/SSL

キーワードの解説
  • URL(Uniform Resource Locator)
    リソース(主にWebページ)のインターネット上での場所を特定するための情報(住所)のことです。
    使用するプロトコル、ホスト名、ファイル名、使用するTCPポート番号で指定することが可能です。
  • ポート番号
    TCPやUDPでの論理的な番号(アドレス)で、受信したデータをTCP(UDP)を使用するどのプログラムに受け渡すかを特定するために使用される。
    ポート番号の0〜1023は一般的なプロトコル(FTP、HTTPなど)に割り当てられていて、1024〜49151はプログラム(Webブラウザ、FTPクライアントなど)によって使用され、自由に使用できるのは49152〜65535である。
  • TLS(Transport Layer Security)/SSL(Secure Sockets Layer)
    SSLはネットスケープコミュニケーションズ社が開発したトランスポート層に位置するプロトコルで、暗号化と認証によりセキュリティを要求される通信で使用される。
    個人情報やクレジットカード情報などを入力する画面で使用されていてブラウザによってはステータスバーに南京錠のマークでSSLを使っていることを表示している。また、アドレスは https://xxxx となります。

もっと、「URL」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ