平成30年 秋期 ネットワークスペシャリスト 午前II 問22

ネットワークインタフェースカード(NIC)のチーミングの説明として、適切なものはどれか。

 ア  処理能力を超えてフレームを受信する可能性があるとき、一時的に送信の中断を要求し、受信バッファがあふれないようにする。
 イ  接続相手のNICが対応している通信規格又は通信モードの違いを自動的に認識し、最適な速度で通信を行うようにする。
 ウ  ソフトウェアでNICをエミュレートし、1台のコンピュータに搭載している物理NICの数以上のネットワークインタフェースを使用できるようにする。
 エ  一つのIPアドレスに複数のNICを割り当て、負荷分散、帯域の有効活用、及び耐障害性の向上を図る。


答え エ


解説
NICのチーミング(teaming)は、1台のネットワーク機器に複数のNICを搭載し、同じIPアドレスを割り当て、それを可能的な1つのNICとして束ねることで使用帯域の向上、耐障害性の強化、負荷分散を実現する技術です。
チーミングが有効なのはネットワーク機器(主にサーバ)の性能に対し、ネットワークの伝送速度が低い時で、高速のネットワークに接続した場合やサーバの性能が低い場合には処理性能を上げる手法として有効ではありません。


キーワード
・ネットワークインタフェースカード

キーワードの解説
  • ネットワークインタフェースカード(Network Interface Card、NIC)
    コンピュータやプリンタなどのIT機器をネットワーク(LAN)に接続するための通信用の拡張カードです。
    IT機器の拡張スロットに挿入して使用します。(最近はUSBに接続するものも多いです。)
    ネットワークの規格によって様々なものがあるが、一般的にはEthernet接続するものを指します。

もっと、「NIC」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ