平成30年 秋期 ネットワークスペシャリスト 午前II 問24

全国に分散しているシステムを構成する機器のの保守に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア  故障発生時に遠隔保守を実施することによって駆付け時間が不要になり、MTBFは長くなる。
 イ  故障発生時に行う機器の修理によって、MTBFは長くなる。
 ウ  保守センタを1か所集中から分散配置に変えて駆付け時間を短縮することによって、MTTRは短くなる。
 エ  予防保守を実施することによって、MTTRは短くなる。


答え ウ


解説

 ア  故障発生時に遠隔保守を実施することによって駆付け時間が不要になり、MTTRが短くなります。
MTBFは変わりません。
 イ  故障発生時に行う機器の修理によって、MTTRが長くなります。
MTBFは何とも言えません。(多くの場合は長くなると思います。)
 ウ  保守センタを1か所集中から分散配置に変えて駆付け時間を短縮することで、MTTRは短くなります。
 エ  予防保守を実施することによって、MTBFが長くなります。 MTTRは変わりません。


キーワード
・MTBF
・MTTR

キーワードの解説
  • MTBF(Mean Time Between Failure(s))
    平均故障間隔のことで、システムが動作を開始してから故障するまでの時間である。
    この時間が長いほどシステムとしての信頼性・稼働率が高くなる。
  • MTTR(Mean Time To Recovery または Mean Time To Repair)
    平均修復時間のことで、システムが故障して停止したときに復旧して動作を開始するまでの時間である。
    この時間が短いほどシステムとしての信頼性・稼働率が高くなる。

もっと、「MTBF」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ