平成30年 秋期 ITストラテジスト 午前II 問20

問題解決に当たって、現実にとらわれることなく理想的なシステムを想定した上で、理想との比較から現状の問題点を洗い出し、具体的な改善策を策定する手法はどれか。

 ア  系統図法  イ  親和図法
 ウ  線形計画法  エ  ワークデザイン法


答え エ


解説

 ア  系統図法は、目的・目標を達成するための手段・方策を順次展開し、最適な手段・方策を追求していく方法です。
 イ  親和図法は、収集した情報を相互の関連によってグループ化し、解決すべき問題点を明確にする方法で。
 ウ  線形計画法は、一次不等式で表される制約式の範囲内で目的関数の最大値あるいは最小値を求める手法です。
 エ  ワークデザイン法は、問題解決に当たって、現実にとらわれることなく理想的なシステムを想定した上で、理想との比較から現状の問題点を洗い出し、具体的な改善策を策定する手法です。


キーワード
・ワークデザイン法(work design)

キーワードの解説
  • ワークデザイン法
    システムを最適なものにするための手法で、システムが満たす必要のある機能をそなえた最も簡単で効果的な理想システムをつくることを目指しており、その機能とは何か、インプット、アウトプットはどのようなものになるか、さらに手順、方法、設備などを具体的に決めていきます。

もっと、「ワークデザイン法」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ