平成30年 秋期 情報セキュリティマネジメント 午前 問19

利用者PCがボットに感染しているかどうかをhostsファイルの改ざんの有無で確認するとき、hostsファイルが改ざんされていないと判断できる設定内容はどれか。
ここで、hostsファイルには設定内容は1行だけであり、利用者及びシステム管理者は、これまでにhostsファイルを変更していないものとする。

設定内容 説明
127.0.0.1 a.b.com a.b.comは利用者PCのOS提供元のFQDNを示す。
127.0.0.1 c.d.com c.d.comは利用者PCの製造元のFQDNを示す。
127.0.0.1 e.f.com e.f.comはウイルス定義ファイルの提供元のFQDNを示す。
127.0.0.1 localhost localhostは利用者PC自体を示す。


答え エ


解説
hostsファイルに書かれたIPアドレスの127.0.0.1はローカルループバックアドレスを示し、hostsファイルの内容としては
 127.0.0.1 localhost
(エ)が正しい記載です。


キーワード
・ローカルループバックアドレス

キーワードの解説
  • ローカルループバックアドレス(local loopback address)
    ネットワークカードなどのループバックインターフェイスに割り当てられた自分自身を示すIPアドレスのことです。
    ネットワーク上において自分自身を表す仮想的なアドレスであり、IPv4においては「127.0.0.1」、IPv6においては「::1」(0:0:0:0:0:0:0:1)が使われ、ホスト名としては通常「localhost」が用いられます。

もっと、「ローカルループバックアドレス」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ