平成30年 秋期 情報セキュリティマネジメント 午前 問43

ソフトウェア開発プロジェクトにおいてWBS(Work Breakdown Structure)を使用する目的として、適切なものはどれか。

 ア  開発の所要日数と費用がトレードオフの関係にある場合に、総費用の最適化を図る。
 イ  作業の順序関係を明確にして、重点管理すべきクリティカルパスを把握する。
 ウ  作業の日程を横棒(バー)で表して、作業の開始や終了時点、現時点の進捗を明確にする。
 エ  作業を階層に分解して、管理可能な大きさに細分化する。


答え エ


解説

 ア  トレンドチャートを使用する目的です。
 イ  PERT図(アローダイアグラム)を使用する目的です。
 ウ  ガントチャートを使用する目的です。
 エ  WBS使用する目的です。


キーワード
・WBS

キーワードの解説
  • WBS(Work Breakdown Structure)
    プロジェクトマネジメントで計画をたてるときに、作業を大きな項目からだんだん細かいレベルに分解していって、管理しやすい規模の作業の集合に分解し図にすることです。
    各作業を1〜2週間程度のレベルまで分解することで要員の割当てや、進捗の管理が容易になります。

もっと、「WBS」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ