平成30年 秋期 情報セキュリティマネジメント 午前 問50

リーダシップのスタイルは、その組織の状況に合わせる必要がある。
組織の状況とリーダシップの関係に次のことが想定できるとすると、野球チームの監督のリーダシップスタイルのうち、図中のdと考えられるものはどれか。

[組織の状況ととリーダシップのスタイルの関係]
組織は発足当時、構成員や仕組みの成熟度が低いので、リーダが仕事本位のリーダシップで引っ張っていく。
成熟度が上がるにつれ、リーダと構成員の人間関係が培われ、仕事本位から人間関係本位のリーダシップに移行していく。
更に成熟度が進むと、構成員は自主的に行動できるようになり、リーダシップは仕事本位、人間関係本位のいずれもが弱まっていく。

 ア  うるさく言うのも半分くらいで勝てるようになってきた。
 イ  勝つためには選手と十分に話し合って戦略を作ることだ。
 ウ  勝つためには選手に戦術の立案と実行を任せることだ。
 エ  選手をきちんと管理することが勝つための条件だ。


答え ウ


解説

 ア  うるさく言うのも半分くらいで勝てるようになってきたのは、cの状態です。
 イ  勝つためには選手と十分に話し合って戦略を作ることなのは、bの状態です。
 ウ  勝つためには選手に戦術の立案と実行を任せることなのは、dの状態です。
 エ  選手をきちんと管理することが勝つための条件なのは、aの常置です。


キーワード
・リーダシップ

キーワードの解説
  • リーダシップ(leadership)
    複数の人間(組織)を一人の人間に従わせることや、そのための技術、才能のことです。
    従わせる複数の人間(組織)の状態によって、求められる能力は異なり、リーダが率先して引っ張っていくケースから、リーダが出しゃばらずにトラブル発生時の対応のみにその力量を発揮するケースまであります。

もっと、「リーダシップ」について調べてみよう。

戻る 一覧へ