平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問27

DBMSが提供する機能のうち、データ機密保護を実現する手段はどれか。

 ア  一連の処理を論理的単位としてまとめたトランザクションを管理する。
 イ  データに対するユーザのアクセス権限を管理する。
 ウ  データを更新するときに参照制約をチェックする。
 エ  データを更新する前に専有ロックをかける。


答え イ


解説

 ア  一連の処理を論理的単位としてまとめたトランザクションを管理するのは、データ保護を実現するためです。
 イ  データに対するユーザのアクセス権限を管理するのは、データ機密保護を実現するためです。
 ウ  データを更新するときに参照制約をチェックするのは、データ保護を実現するためです。
 エ  データを更新する前に専有ロックをかけるのは、データ保護を実現するためです。


キーワード
・アクセス管理

キーワードの解説
  • アクセス管理
    アクセス管理とは「誰がどこにアクセスできるか。」(Who has access to what?)の文脈の“アクセス”を管理することです。
    すなわち、誰がどのシステムやデータに対しアクセスする権限を持っているかを管理することです。(アクセス権限の管理。)
    アクセス管理でやってはいけないこととして、
    • 過剰なアクセス権限の付与
    • 休眠利用者IDの放置
    • 責任所在が不明確な管理
    などがあります。

もっと、「アクセス管理」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ