平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問45

生体認証システムを導入するときに考慮するべき点として、最も適切なものはどれか。

 ア  本人のディジタル証明書を信頼できる第三者機関に発行してもらう。
 イ  本人を誤って拒否する確率と他人を誤って許可する確率の双方を勘案して装置を調整する。
 ウ  マルウェア定義ファイルの更新が頻繁な製品を利用することによって、本人を誤って拒否する確率の低下を防ぐ。
 エ  容易に推測できないような知識量と本人が覚えられる知識量とのバランスが、認証に必要な知識量の設定として重要となる。


答え イ


解説

 ア  ディジタル証明書を正当なものとするための行為です。
 イ  生体認証システムについての説明です。
一般に不正なアクセスを防ぐため、本人拒否率を高くし、他人受入れ率を低く設定します。
 ウ  マルウェア定義ファイルはセキュリティソフト(コンピュータウイルス対策ソフト)に関するもので、生体認証システムの動作に影響を与えません。
 エ  生体心象システムではなく、ログインパスワードについての説明です。


キーワード
・生体認証システム

キーワードの解説
  • 生体(バイオメトリクス)認証システム
    利用者の身体的な特徴を利用して、本人確認をする方法です。
    利用される身体的な特徴は、複製が難しく、年月での変化が少ないものが使われ、実用化されているものには指紋、網膜、虹彩、血管(静脈)、声紋、筆跡などがあります。
    ただ、生体認証は毎回同じデータを取得できないため、本人であるのに認証ではじかれてしまうことがあり、これを本人拒否といいます。
    逆に他人を認証してしまうのを他人受入といいます。

もっと、「生体認証システム」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ