平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問59

システム監査実施体制のうち、システム監査人の独立性の観点から最も避けるべきものはどれか。

 ア  監査チームメンバに任命された総務部のAさんが、ほかのメンバと一緒に、総務部の入退室管理の状況を監査する。
 イ  監査部のBさんが、個人情報を取り扱う業務を委託している外部企業の個人情報管理状況を監査する。
 ウ  情報システム部の開発管理者から5年前に監査部に異動したCさんが、マーケティング部におけるインターネットの利用状況を監査する。
 エ  法務部のDさんが、監査部からの依頼によって、外部委託契約の妥当性の監査において、監査人に協力する。


答え ア


解説

 ア  兼務をしている監査人が自分の所属職場のシステム監査を行うのは、システム監査人の独立性から避けるべきです。
 イ  システム監査人の独立性の面で問題ありません。
 ウ  監査部に異動してから5年経っていることと、監査対象が元職場でもないため、システム監査人の独立性の面で問題ありません。
 エ  監査を行うときに専門的な内容について協力を依頼することに問題はありません。


キーワード
・システム監査人の独立性

キーワードの解説
  • システム監査人の独立性
    “システム監査基準”にはシステム監査人の独立性について以下のように書かれています。
    • 外観上の独立性
      システム監査人は、システム監査を客観的に実施するために、監査対象から独立していなければならない。
      監査の目的によっては、被監査主体と身分上、密接な利害関係を有することがあってはならない。
    • 精神上の独立性
      システム監査人は、システム監査の実施に当たり、偏向を排し、常に公正かつ客観的に監査判断を行わなければならない。

もっと、「システム監査人の独立性」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ