平成30年 春期 基本情報技術者 午前 問71

IoT(Internet of Things)の実用例として、適切でないものはどれか。

 ア  インターネットにおけるセキュリティの問題を回避する目的で、サーバに接続せず、単独でファイルの管理や演算処理、印刷処理などの作業を行うコンピュータ
 イ  大型の機械などにセンサと通信機能を内蔵して、稼働状況や故障箇所、交換が必要な部品などを、製造元がインターネットを介してリアルタイムに把握できるシステム
 ウ  検針員に代わって、電力会社と通信して電力使用量を申告する電力メータ
 エ  自動車同士及び自動車と路側機が通信することによって、自動車の位置情報をリアルタイムに収集して、渋滞情報を配信するシステム


答え ア


解説

 ア  インターネットにおけるセキュリティの問題を回避する目的で、サーバに接続せず、単独でファイルの管理や演算処理、印刷処理などの作業を行うコンピュータは、IoTではありません。
 イ  大型の機械などにセンサと通信機能を内蔵して、稼働状況や故障箇所、交換が必要な部品などを、製造元がインターネットを介してリアルタイムに把握できるシステムは、IoTです。
 ウ  検針員に代わって、電力会社と通信して電力使用量を申告する電力メータは、IoTです。
 エ  自動車同士及び自動車と路側機が通信することによって、自動車の位置情報をリアルタイムに収集して、渋滞情報を配信するシステムは、IoTです。


キーワード
・IoT

キーワードの解説
  • IoT(Internet of Things)
    コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うことです。
    スマートメータはIoTの一種になります。

もっと、「IoT」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ