2019年 秋期 情報セキュリティマネジメント 午前 問49

情報システムを取得するための提案依頼書(RFP)の作成と提案依頼に当たって、取得者であるユーザ企業側の対応のうち、適切なものはどれか。

 ア  RFP作成の手間を省くために、要求事項の記述は最小限にとどめる。
あいまいな点や不完全な点があれば、供給者であるベンダ企業から取得者に都度確認させる。
 イ  取得者であるユーザ企業側では、事前に実現性の確認を行わずに、要求事項が実現可能かどうかの調査や検討は供給者であるベンダ企業側に任せる。
 ウ  複数の要求事項がある場合、重要な要求とそうでない要求の区別がつくようにRFP作成時点で重要度を設定しておく。
 エ  要求事項は機能を記述するのではなく、極力、具体的な製品名や実現手段を細かく指定する。


答え ウ


解説

 ア  RFPには、あいまいな点があると提案内容が的外れになってしまうので、不完全な点がないように記述します。(×)
 イ  取得者であるユーザ企業側では、事前に実現性の確認を必ず行い、実現性のない内容を提案してはいけません。(×)
 ウ  複数の要求事項がある場合、重要な要求とそうでない要求の区別がつくようにRFP作成時点で重要度を設定しておき、提案内容からベンダを選ぶ時の考慮に使用します。(〇)
 エ  要求事項は機能について記述し、具体的な製品名や実現手段は記載しません。(×)


キーワード
・提案依頼書

キーワードの解説
  • 提案依頼書(Request For Proposal、RFP)
    情報システムを導入するときや、業務委託を行なうときに、発注先の候補となっている業者に対し、具体的な提案の作成、提出を依頼する文書のことです。
    システムの概要や構成要件、調達条件が記述されていて、業者はこれを基に提案書を作成し提出します。

もっと、「RFP」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ