平成28年 秋期 ITパスポート 問98

アンチパスバック方式はIDの状態を記録し、入室済みのIDでの再入室、退室済みのIDでの再退室を規制するものである。
IDカードを用いた入退室管理システムを導入した部屋の利用制限について、アンチパスバック方式を導入することで実現できることはどれか。

 ア  定められた期間において、入退室回数が一定の回数を超えると入室できなくする。
 イ  他人の入室に合わせて、共連れで入室すると、自分のIDカードを使用しての退室をできなくする。
 ウ  当日出社していない同僚から借りたIDカードを使用しての入室をできなくする。
 エ  入室してから一定時間経過すると退室できなくする。


答え イ


解説
入退室管理システムでアンチパスバック方式を導入することで他人の入室に合わせて、共連れで入室すると、自分のIDカードを使用しての退室をできなくする(イ)ことができます。


キーワード
・アンチパスバック

キーワードの解説
  • アンチパスバック
    入室する際のID認証の記録がないと退室時の認証を許可しない仕組みです。
    アンチパスバック方式の入退出管理を行うことで、一つのIDで複数の者が入室する共連れの退室を防ぐことができます。

もっと、「アンチパスバック」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ